三井のリハウス
MITSUI FUDOSAN

日記

三井本館とは?

突然ですが質問です。

三井本館とは?

分からなかったら以下が正確な「答え」です。ご覧下さい。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/三井本館より引用>

現在の建物は、
1902年に竣工した旧三井本館が関東大震災で被災したために建替えられたもの(1929年竣工)で、
アメリカのトローブリッジ・アンド・リヴィングストン事務所設計による
地上7階地下2階建ての鉄筋コンクリート造である。

新古典主義様式の堂々たる外観を持つ建物で、1998年に国の重要文化財に指定されている。
かつてはその名の通り三井財閥の本拠であり、三井合名会社本社、三井銀行本店、三井物産本社などがあった。
三井不動産も元々は三井本館(旧)の管理室からスタートしている。

現在でも三井不動産の本社、三井住友銀行日本橋支店、中央三井信託銀行日本橋営業部などが入居しているほか、
7階には三井家の所蔵品を展示している三井記念美術館が、2005年10月8日に開館した。
イタリア産大理石などを使用したこの重厚な雰囲気から、三井住友銀行の決済用普通預金のポスターに使われている。

アメリカのトローブリッジ・アンド・リヴィングストン社が設計、ジェームズ・スチュワート社が施工を行った。
関東大震災の教訓から、その2倍の地震にも耐えることができるように作られていると言われており、
これは現行の耐震改善促進法の基準の2倍以上にあたる。
本館の保存のため、
別箇に三井不動産では隣接する敷地に地下4階地上39階の日本橋三井タワーを建てることとなり、
2002年5月に着工、2005年7月に竣工した。収益性を確保するため、
本館は今でも積極的に使用されている。




-----------------------------------------------
貴方が探す最安値の商品を価格比較で選ぶ!
livedoor 価格比較
http://kakaku.livedoor.com/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34873225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。